癌の転移について知るためのサイト

癌の転移にかんする知識をわかりやすくまとめました

癌を転移させないために必要な知識

癌の転移について考えるサイト癌の治療を難しくしている要素のひとつが「転移」。癌の発生した患部だけでなく、体内のほかの部分に飛び地のように癌が発生してしまうことを言います。

一か所に癌が発生した場合は、手術で取り除いたりすることも可能です。しかし、転移後は癌細胞を完全に取り除くのが難しく、治療しにくくなるのです。

癌を転移させない予防法や、転移した癌を治療したり、症状を緩和させるための医療技術について知っておくことで、治療の成功が近づく可能性があります。癌を患っている方や、その疑いがある方にはきっと役立つ情報をまとめていますので、ぜひご一読ください。

癌はなぜ転移する?

そもそも、癌の転移はなぜ起こるのでしょうか。

癌細胞は、徐々に患部が広がり、器官の奥の方へ向かって大きくなります(浸潤)。これによって、リンパ管や血管にも癌が広がっていきます。ここで癌細胞がリンパ液や血液に乗って全身へと流れていってしまうのです。

異物である癌細胞は、本来はリンパ節と呼ばれるところでせき止められます。しかし、これが限界を超えてしまうと全身へ癌細胞が流れ、行き着いた先で増殖し、癌患部が増えていくのです。

転移しやすい癌

転移を起こしやすい癌には、以下のようなものがあります。

  • 乳癌・卵巣癌・子宮癌
  • 胃癌
  • 肺癌
  • 膵臓癌・肝臓癌
  • 大腸癌
  • 舌癌・口腔癌
  • メラノーマ
  • 骨肉腫など

これらはリンパ節が近いため、癌細胞が流れ出しやすいという特徴があります。また、肺や肝臓は全身へ流れていく血液が必ず通る場所。ここに癌があると、全身へと癌細胞が流れていってしまうのです。これは同時に、肺や肝臓が癌の転移先になりやすいということでもあります。

転移を起こした場合、体中の癌細胞をすべて見つけて取り除くことが難しくなります。この場合は、抗癌剤や放射線治療によって癌細胞を縮小させ、症状を抑えることが治療の中心になります。

しかし、これらの治療法には強い副作用があり、場合によっては生活に不自由をきたすこともあります。これを避ける方法として、癌には代替治療が存在します。

代替医療という選択肢

副作用に苦しむことを含め、治療方針の選択肢のひとつとして頭に入れておきたいのが代替医療。担当医師の相談の上、西洋医学以外の治療法を取り入れていくことができます。

代替医療には、たとえばこんなものがあります。

■健康補助食品

抗癌作用があるといわれる成分を含んだサプリメントによって、癌細胞を死滅させたり、転移の予防を目指す方法です。紅豆杉やアガリクス、冬虫夏草など、数多くの健康補助食品が使用されています。

■漢方

健康補助食品同様に、癌細胞を死滅させたり、からだの調子を整える漢方薬を利用するという方法があります。副作用が小さく、西洋的な治療をサポートすることができます。

■高濃度ビタミンC点滴

抗酸化物物質として知られているビタミンCですが、癌細胞に対しては酸化物質としてはたらき、癌細胞を自然死させる作用があります。経口摂取では効果が出るほどの濃度を得られないので、点滴によって血中ビタミンC濃度を高める治療法です。

いま最も注目されている健康補助食品「紅豆杉」

紅豆杉について数ある代替医療の中でも、注目を集めているもののひとつが「紅豆杉(こうとうすぎ)」です。「白豆杉(はくとうすぎ)」または「タキサス」とも呼ばれています。

金沢医科大学、北里大学、富山医科薬科大学、神戸薬科大学、茨城キリスト教大学、化学療法研究所付属病院などが、紅豆杉の研究を行っており、エビデンスも非常に豊富です。

紅豆杉には、健康に作用する有用成分が100以上も含まれていて、これらが複合的に作用することで癌に効くと言われています。

たとえば、癌細胞と結合することで分裂を止め、細胞を自然死させる効果があります。また、異物を食べるマクロファージに対して、癌細胞を異物だと認識させる効果もあります。さらに、癌細胞だけを酸化させて自然死を早めるという効果も期待できます。

これだけの作用が期待できる上に副作用がないため、非常に注目されているのです。西洋医療をサポートし、癌の治療に役立つ可能性のある紅豆杉。ぜひチェックをしてみてください。

≫≫注目!紅豆杉の癌へのはたらきとは

■免責事項
このサイトは個人が作成をし、運営をしているものです。
あくまで、癌の転移を防ぐ考えの1つとして、閲覧いただければ幸いです。
また、各代替医療を試す際には、必ず医師の許可を取るようにしましょう。

 
癌の転移について知るためのサイト