癌の転移にかんする知識をわかりやすくまとめました

HOME » 癌の転移を妨げるための代替医療について » 健康補助食品

健康補助食品

代替医療のひとつ、健康補助食品による癌の改善について解説しています。

癌の代替医療その1:健康食品

癌の手術の負担を減らしたり、治療が難しい癌の症状を和らげる場合などに使われるのが代替医療。その方法のひとつが、健康補助食品を使ったものです。

代替医療に使われる健康食品の成分や、そのメリット・デメリットを紹介していきます。

癌の代替医療に用いられる成分

癌の代替医療には、以下のような成分を含んだ食品が使われます。

■免疫の強化

  • シイタケ菌糸体LEM、メシマコブ、霊芝、紅豆杉、アガリクス、冬虫夏草など

■血管新生抑制

  • サメ脂質、液体サメ軟骨、イソフラボンなど

■癌細胞遺伝子破壊

  • 紅豆杉、根部エキス、タヒボ茶、深海ザメ肝油など

■体力の増強

  • プラセンタ、漢方薬、朝鮮ニンジンなど

■予防

  • 熊笹エキス、タンポポ、ピクノジェノールなど

成分だけでも、さまざまな角度から癌の治療や予防が可能だということが分かりますね。

≫≫いま最も注目を集めている成分とは

代替医療のメリット、デメリット

では、そんな健康食品による代替医療にはどのようなメリットやデメリットがあるでしょうか。

■メリット

健康食品には、副作用がほとんどないことが最大のメリットです。

西洋医学的な治療は、副作用のある薬を用います。そのため、体のどこかに負担をかけたり、人間の自然治癒能力を弱めてしまう可能性があります。健康食品は、人間の治癒力を引き出すものなので、西洋医学を補助するのに最適です。

■デメリット

人によって効果に差があるのが健康食品の難しいところ。必ずしも効き目があるとは限らないので、健康食品だけで癌を治すことはできません。

また、ものによっては費用が高額になることもあります。上で挙げられている紅豆杉は、紅豆杉茶なら1か月に1万円程度ですが、サプリメントは1か月で8万円以上と高額になります。

とはいえ、西洋医学での治療が難しい場合には、これくらいの費用を支払う価値はあると思います。

愛飲者の声

実際に健康食品で代替医療を行っている方の声を紹介します。

  • 抗癌剤治療を止め、健康食品の治療に切り替えました。最初は半信半疑でしたが、副作用もないし、試してみよう、という気持ちで始めました。ところが、3か月後で腫瘍マーカーの数値が下がり、とても驚きました!
  • 肺癌がかなり進んでいましたが、サプリメントを摂るようになってからは進行が遅くなり、食欲も出ました。
  • 術後に飲み始めました。再発もなく、弱くなった頭髪が再び濃く、そして強くなりました。
 
癌の転移について知るためのサイト