癌の転移にかんする知識をわかりやすくまとめました

HOME » 転移しやすい癌の種類とその治療方法

転移しやすい癌の種類とその治療方法

ここでは、転移しやすいと言われている癌の症状や発見方法、そして治療の方法などについてまとめています。

転移のリスクが大きい癌とは?

私たちの健康を蝕み、生活を大きく変えてしまう病気、癌。治療には大きなリスクが伴い、完治が難しいというやっかいな病気でありながら、誰にでも訪れる可能性があります。

癌そのものも大変な苦痛がありますが、さらに恐ろしいことに、癌は転移をします。血液やリンパ液に乗って全身へ運ばれる癌細胞は、その勢力を飛び地のように増やしていくのです。

転移と浸潤

癌が広がることを表すことばに、「転移」と「浸潤」があります。

浸潤とは、癌が周りに広がっていくことを指します。液体が染み込んで広がっていくように、癌も少しずつ周りに広がっていくのです。患部の奥深くへ浸潤するだけでなく、リンパ管や骨へ浸潤することもあります。

一方、転移は血液やリンパ液によって運ばれた癌細胞が、ほかの部位に定着し、増殖するものです。転移を起こすのは癌の症状が進んだ証拠でもあり、治療が難しくなります。

この転移を引き起こしやすい癌について、その症状や治療方法をまとめてみました。癌治療に関する知識が必要な場合は、まずはこれらのページに目を通してみてください。

 
癌の転移について知るためのサイト