癌の転移にかんする知識をわかりやすくまとめました

HOME » 【特集】代替医療として注目を集める紅豆杉エキス » 紅豆杉(白豆杉・タキサス)とは

紅豆杉(白豆杉・タキサス)とは

ここでは、いま注目の代替医療のための成分「紅豆杉」とはどんなものか解説しています。

注目の癌の代替治療成分「紅豆杉」とは?

紅豆杉の画像癌の代替医療として注目されている紅豆杉(こうとうすぎ)。

中国の高山地域でしか取ることのできない貴重な植物で、厳しい環境を生き抜く驚異的な生命力を持っています。そこには、癌への強い作用があるという研究が進められています。

紅豆杉とはどんな植物?

紅豆杉は、地球最古の植物とも言われる高山植物です。恐竜がいた時代から変わらず生き抜いてきたので、生きる化石と言われます。

■別名「白豆杉」「タキサス」

よく似た名前に「白豆杉」というものがあれます。これは樹齢3000年というとてつもない長寿を記念して、人間の白寿にちなみつけられた名前。また、主に英語圏では「タキサス」とも呼ばれます。

勘違いされることもありますが、紅豆杉、白豆杉、タキサスは全て同じ樹木を指します。

■中国の仙樹

その高い健康効果から、中国の王室で「仙樹」として重宝されてきました。それほど昔から高い効果が認識されていたという紅豆杉は、中国政府によって伐採や売買を禁止されてきました。

しかし、植林事業を根気よく続け、絶滅の危機を脱した紅豆杉は、日本とアメリカだけを対象に輸出されるようになりました。こうして、私たちも紅豆杉を手に入れることができるようになったのです。

紅豆杉が注目された理由

紅豆杉は、ホングドウシャンA、イソタキシレシノール、タキシレシノールなど、100種以上の有効成分が含まれていることがわかりました。これらが複合的に作用することで、癌細胞を死滅させることができたという報告が多数存在しています。

また、米国では紅豆杉による骨粗しょう症の治療に関する特許も取得されるなど、有効なサプリメントとして非常に注目されています。

■紅豆杉の癌へのはたらきとは

紅豆杉の優れている点は、癌細胞だけを攻撃し、自然死させることができること。これによって、副作用もなく癌細胞を減らし、あるいは消滅させることが期待できるのです。

詳しいはたらきやそのメカニズムは別ページで解説していますので、そちらもぜひご覧ください。≫≫紅豆杉の癌へのはたらきやエビデンスについて

 
癌の転移について知るためのサイト